本文へスキップ

カラコンを色.目的.使用期限で探すことができます。装着画像あり

カラコンのカタログサイトです。お探しのカラコンがすぐ見つかります

カラコンをはじめて付ける方へ。

その他注意事項(装着時間と装着期間)


装着時間は短いほうがいいです
カラーコンタクトの装着時間はなるべく短くしましょう。長時間付け続けると目への負担が大きくなります。カラーコンタクトはレンズに色素が入っているため酸素透過度が落ちています。極端に長くつけ続けることは、目の呼吸をふさぎ目の潤いを減らすことと同じなのです。どんなに評判のいいカラコンでもそうなります。例外はありません。カラーコンタクトを使う方は普通のコンタクト以上に気をつける必要があります。

装着時間は最初から長くしてはいけません。はじめは数時間、慣れてきたら徐々に時間を増やしていくのです。基本は目が痛くなったらすぐにはずす。この基本を守っていれば目への負担はかなり減らすことができます。カラコンの使用に目が慣れた後でも、なるべく早く外すように心がけてください。目が痛くなったら落ち着いて対処しましょう。まず、コンタクトレンズをすぐに外してください。そのまま我慢することだけは辞めましょう。

一日の装着時間が長いと劣化も早くなります。1ヶ月使用のカラコンなのに、2週間くらい経つと目が痛くなるようになったり。こうなったらレンズの寿命の可能性がかなり高いです。ずっと付けっぱなしというのは、カラコンにも目にもどちらも負担になっているのです。


装着期間は、使用期限以内に収めましょう
使用期限は守るようにしましょう。レンズには寿命があるからです。長く使っていると汚れや雑菌が増えていきます。どんなに大切に使っていても、時間が経ったコンタクトは目に悪いのです。無理に使い続けると目が痛くなったり、眼病の原因になったりします。

カラーコンタクトでワンデーのものは種類が少ないのですが、できるだけワンデーのものを使うほうがいいです。無理でもマンスリー1ヶ月使用のものなど。長期使用よりは、短いスパンで使い捨てていくものを使うほうがいいです。予算的には負担になるかもしれまえんが、衛生面で考えるとやはり毎回新品のレンズを使うのがベストなのです。1dayであれば保存や洗浄の手間もなく、さっさと捨てられる手軽さもあります。

カラコンは使えば使うほど雑菌が増えていきます。まじめに洗浄と保存をしていてもそれは避けられません。雑菌まみれのレンズは悪影響しかありませんから、使用期限はちゃんと守りましょう。


[使用する前に知っておきたいこと]



あまり関係ない雑学コーナー
目にいいとされる栄養素と食べ物
ドライアイとは何か?
近視や遠視
一番いいのは何も付けていない状態
レンズを付けてからどのくらいで慣れるか
眼まわりの休憩方法。かんたんリフレッシュ
レーシックで視力回復
屈折治療のあれこれ
瞳の多様な構成
医療技術の進歩。目の中に直接レンズを入れる
年齢の変化と視力