本文へスキップ

カラコンを色.目的.使用期限で探すことができます。装着画像あり

カラコンのカタログサイトです。お探しのカラコンがすぐ見つかります

目関連の雑学コーナー

一番いいのは何もつけない状態


目のことを考えるとできれば何もつけない状態が一番なのです。すぐにはピンとこないかもしれませんが、目もストレスを感じるのです。外ではコンタクトをしている人も、家のなかなど見た目を気にしなくていい場合ははずしたりしましょう。カラコンをファッションアイテムとして使うことはいまどき珍しくはありませんが、それでも装着時間は気にしてください。なるべく短く、できれば付けない状態が理想です。目に水分が足りなくなったら一旦レンズをはずして目薬をさしたりゆっくりと筋肉をリラックスさせると良いです。緊張しっぱなしの状態ですと視力もおちたりします。仕事でそうなる場合は仕方ないかもしれませんが、低下した視力はすぐに回復するようなものでもないので、できるだけ大事にしましょう。レーシックなどのレーザー治療も万能ではありません。角膜の薄さが問題になって、手術できないなんてこともありますから。

酸素、水分、衛生面、裸眼というのは目がかなり楽にできるリラックスした状態になるのです。カラーコンタクトレンズを付けっぱなしにしたまま眠ったりするのはかなり健康に悪いのでやめましょう。あれは朝目が覚めたときに目が痛くなります。水分が少なくなると目はSOS状態になります。衛生状態をよくすることも意識しましょう。雑菌まみれのレンズを付けると大変ですので、使用するさいは使い捨ての新品か、きちんと洗浄したレンズを使うようにこころがけましょう。




[使用する前に知っておきたいこと]



あまり関係ない雑学コーナー
目にいいとされる栄養素と食べ物
ドライアイとは何か?
近視や遠視
一番いいのは何も付けていない状態
レンズを付けてからどのくらいで慣れるか
眼まわりの休憩方法。かんたんリフレッシュ
レーシックで視力回復
屈折治療のあれこれ
瞳の多様な構成
医療技術の進歩。目の中に直接レンズを入れる
年齢の変化と視力